巷で噂の日本ロレックスでオーバーホール|メンテの料金内容を知ろう

古い宝飾品を有効利用する

ジュエリーリフォームは古くなって使わなくなったデザインのジュエリーを新しいデザインに変える方法です。新しいデザインの物が手に入る上に、持込みする分の貴金属代を引いて貰ったり、地金をそのまま利用するので新しく買うより安くなるのでお得です。

装飾品

宝飾品を作り直す時には

ジュエリーをリフォームするなら、予想と実物が違うという失敗がないようにしたいものです。そのためにはデザインを気に入ったショップを選ぶことや、デザイナーに要望を理解してもらうような工夫をするのがお勧めです。

安心して依頼できます

時計を見る人

ロレックスの性能を正しく維持するためには定期的なメンテナンスが欠かせません。このメンテナンスのことをオーバーホールといいます。時計には大小さまざまな部品が数多く使用されています。とくにロレックスは部品点数も多く複雑な内部機構を持っているため、わずかな汚れや部品の摩耗が時計の寿命を大きく左右するポイントとなります。そのため機械式時計にはオーバーホールは必須と言われているのです。オーバーホールでは内部の時計油の交換やゴムパッキンの交換が行われるほか、ムーブメントを構成している部品を一つ一つ分解してチェックが行われます。このオーバーホールの作業には熟練した技術が必要となるため、一級時計士など特別な資格を持つスタッフが担当することになっています。ロレックスのオーバーホールは日本ロレックスが行っています。オーバーホールの基本料金はモデルや時計の状態によっても変わりますが、とくに部品交換が必要でない場合は4万円から6万円程度となっています。またオーバーホールでムーブメント内の部品に不具合が見つかった場合は、基本料金以外に追加で修理料金を支払って交換する必要があります。部品交換が必要な場合は追加料金が生じますが、日本ロレックスに部品交換を依頼すれば正規部品で交換できるので時計の価値を損なわずに修理できます。オーバーホールを実施する目安はおおよそ3年に1度です。オーバーホールは一般の時計店にも依頼できますが、確かな技術や保証を受けられる点も考慮するなら日本ロレックスがもっともおすすめとなっています。ロレックスのオーバーホール時期が近付いている方で依頼先で迷っている方は、日本ロレックスに詳しいサービス内容を問い合わせてみましょう。巷で噂の日本ロレックスでオーバーホールを依頼すれば安心です。

腕時計

時計のメンテナンスとは

ロレックスの時計をオーバーホールする方法は、正規の業者に依頼する他にもたくさんあります。時計店に依頼することは方法のひとつとしてありますし、最近ではインターネットでオーバーホールを申し込むこともできるようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加